Numazu City Hospital
沿革
 

[草創期]
・明治 2年12月 沼津兵学校の附属医療機関・沼津陸軍医学所が沼津病院と改称され、杉田玄端頭取以下、当時の我が国の最高水準を誇る医師11名により診療を行う。
・明治 5年 8月 沼津兵学校閉鎖時に、杉田玄端は附属の沼津病院を私立病院として運営し、その後当院は、会社組織、駿東郡立、郡有私営から再度、私立病院へと変遷する。この間、名称も「駿東病院」となり、文字どおり県東部地域医療の中枢となるが、昭和20年海軍共済病院への譲渡により、その幕を閉じる。

[旧市立病院]
・昭和 3年 4月 沼津市立病院(伝染)を設立(現本田町)。
・昭和 7年 9月 沼津(伝染病)組合病院(1市1町6村共同経営80床)となる。
・昭和20年12月 終戦により海軍共済病院は解体され、その施設は沼津市と富士宮市に移管され、沼津市は千本に急設された林間市立病院を含め、総合病院としての「沼津市立病院」を発足させた。(診療科9科・200床)
・昭和21年 2月 下香貫旧海軍技術研究所の建物の一部を転用して、沼津市立第二病院を開設する。(診療科2科・50床)
・昭和27年 4月 市内三枚橋の静岡県厚生農業協同組合連合会駿東病院を買収し、これを本院として、第二病院を吸収する。
・昭和30年 7月 昭和27年12月に本院の一部を焼失したため、29年より新築工事に着手し、第1期工事が完了する。
(鉄筋コンクリート造、3階建)
・昭和35年 3月 第二期改築工事を完了する。(診療科10科、276床)
・昭和52年 3月 「田町分院」を廃止する。

[新市立病院]
・昭和56年 4月 沼津市基本計画により、全面移転新築を決定する。
・昭和58年 1月 新病院建築マスタープラン策定
・昭和61年 3月 建築工事着工
・昭和63年 3月 建築工事竣工
・昭和63年 7月 新病院診療開始(7月2日、診療科16科と健康管理科、
500床ただし、63年度は398床)
・平成 元年 4月 使用病床数を500床とする。(4月10日)
・平成 4年 8月 放射線棟増築工事竣工
・平成 5年 1月 外来患者用立体駐車場(二層式)工事完了
・平成 7年 3月 MRI棟増築工事竣工
・平成 8年 7月 エコー室増築工事竣工
・平成14年10月 診療棟増築工事竣工
・平成16年 3月 救命救急センター改修工事竣工
・平成16年 4月 救命救急センター開設
・平成19年 3月 ヘリポート設置
・平成25年 4月 心臓血管外科新設(診療科24科)
・平成28年 4月 使用病床数を426床とする。(4月1日)
・平成29年 6月 地域包括ケア病棟開設
・平成30年10月 使用病床数を387床とする。(10月1日)

戻る