Numazu City Hospital
公的資金補助金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画について
最終更新日:2015.12.14

公的資金補償金免除繰上償還とは
国は、「2007年度地方財政計画」の柱のひとつとして、地方自治体が抱える高金利時代の金利負担を軽減するため、平成19年度から平成21年度の3年間の特例措置として補償金免除の繰上償還を認めることとしました。
また、平成22年度には、地方公共団体の更なる公費負担軽減を図るため、3年間延長し、平成22年度から平成24年度まで実施することとしました。
なお、繰上償還にあたっては、公営企業経営健全化計画を策定し、その内容が行財政改革に相当程度資するものと認められる場合において、財務大臣及び総務大臣から公営企業経営健全化計画及び繰上償還の承認を受け実施するものです。
病院事業は借入利率5%以上の企業債が対象となったことから、公営企業経営健全化計画を策定し、平成22年12月17日に財務大臣及び総務大臣の承認を受け、平成22年度から平成24年度までの3年間にわたり、公的資金補償金免除繰上償還を実施しました。
 
※通常、企業債を発行した場合には契約に基づいて償還年限まで元利金を償還していきます。何らかの事情により償還年限前に元金を償還する場合には、補償金(契約の中途解除による違約金的なもの)を添えて償還しますが、「補償金免除」とは、この補償金を免除することをいいます。)
 
 
繰上償還額と負担軽減利子額
 
繰上償還年度 繰上償還額 負担軽減利子額
平成22年度 70,363,617            9,832,764           
平成23年度 93,677,738            12,752,015           
平成24年度 1,212,876,709            169,169,464           
 
 
繰上償還額と負担軽減利子額
 
 沼津市病院事業経営健全化計画(フォローアップ用計画)(PDF:276KB)
 
 

  PDF形式のデータをご覧いただくには AdobeSystemsIncorporated (アドビシステムズ社)の
Adobe Acrobat(R) Readerが必要です。 
バナーをクリックしてインストールしてください。


Back