看護師・助産師

患者さんの個性を大切にした
やさしい看護を目指しています

患者さん一人一人を理解しながら、患者さんや家族のために何をすべきか考え、お互い尊重し合いながらチームで看護に取り組んでいます。若手からベテランまでさまざまな年代のスタッフが活躍するアットホームな職場です。

  • 病棟看護
    病棟看護
  • 救命救急看護
    救命救急看護
  • NICU看護
    NICU看護1
  • 周術期看護(手術室)
    周術期看護(手術室)

教育体制の特徴

当院では看護師の卒後教育に力を入れています。とくに卒後はじめの3年間は大事な時期なので、重点的に教育をしています。また、クリニカルラダーを取り入れ、継続的にキャリア開発していただくために、どのような看護師になりたいのか、自分の目標を定めて次のステップに進める体制を作っています。

1. 充実した卒業後教育体制

新人看護師が安心して安全な看護ケアを提供するための臨床実践能力を習得できることを目的に実施し、定期的な集合教育を充実させています。
各部署ではプリセプターシップ制をとり、各部署職員全体での支援体制が行えるようにしています。

2. クリニカルラダー導入

新人看護師からエキスパートナースへと、段階を踏んで臨床看護実践能力を育成するシステムとして認定制度を導入しています。
レベルⅠ~Ⅴの5つの段階で構成されています。自らが目標設定して個々の課題に取り組み、実践能力を客観的に評価し、キャリアを向上させるために活用しています。

クリニカルラダー

3. 認定看護師の取得推進

職種の専門性を高めるため、認定看護師、各種専門看護師等の取得を推進しています。取得のための院内での支援体制があります。

4. 看護技術教育支援ツールの活用

看護技術教育支援ツール「ナーシングスキル」を導入しています。臨床における標準的な看護手順を確認・習得することが、ウェブ上で可能です。限られた時間で効果的な学習をすることができ、いつでも、どこでも、効率的に今日の復習・明日の予習ができるので、新人の強みになっています。また、中途採用や育児休暇などでブランクのある方も、このような学習ツールを活用しながら、最新の技術を学ぶことができるため好評です。

5. 教育専従室

教育専従師長を配置し、教育に関し中心的に支援する部署です。さまざまな悩みや相談にも応じています。

看護部長からのメッセージ

看護部長 渡邊淳子

沼津市立病院は静岡県東部の中核病院として、「市民のために 共に歩む病院」を理念に掲げ、急性期病院としての役割と地域医療の充実・発展に努めることを使命としています。
チーム医療における看護職の役割や期待が高まる中、看護部は地域の皆さまが安心して暮らし続けられるよう院内や地域と連携・協働し、質の高い看護サービスの提供ができるよう努力しています。

当院では看護職が専門職業人として自律し成長できるよう、人材育成に力を入れ卒後教育の充実と自己研鑽やキャリアアップへの支援し、教育専従師長を配置することで一人一人に細やかな支援ができるようにしています。看護師が互いに認め合い成長できるような環境づくりをめざし、人と人とのつながりを大切に考えています。また、職場にはさまざまな年代の看護職がいますがスタッフ一人一人がいきいきと働けるように、ワークライフバランスを考慮した勤務体制や院内保育所の併設、職場環境の改善を進めています。
これからも患者さんやご家族の思いに寄り添うことを原点に、看護部の理念である心やさしい看護を目指し、日々努力していきます。

手厚いサポートでみなさんの成長を後押しする当院で活躍しませんか。私たちは自ら学び、成長を目指せる人材との出会いを楽しみにしています。

看護部長 渡邊淳子

先輩の声

看護師 秋山月乃

沼津市立病院に入職してもっとも良かった点は、卒後教育がしっかりしている点です。院内の研修が豊富にありますし、指導担当者だけでなく病棟の先輩みなさんで指導をしてくれます。
また、普段から和気あいあいとした雰囲気で、声を掛け合う習慣があります。先輩方に相談しやすい雰囲気なので、困ったことや不安なことがあるとすぐに先輩に相談するようにしています。
休みも取りやすいので、休日は市内の海や山へドライブに出かけたりと、プライベートも充実しています。

秋山月乃
TOP
エントリー・お問い合わせ